報道の質は年々低下している

報道の質の低下が叫ばれて久しい。
元来、報道に質の高さがあったかどうかはさておき、しばらく前まではそれでもジャーナリストが命がけでこれを明らかにしなければならないとか、こんなことが許されてはいけないとか、高いモラルと自身を律する意識が強く、実際に質の高い報道記事や写真、映像が存在した。もちろん、現在でもあることにはあるのだが、あまりにも少ない上に、多くはフリーがやった仕事であり、あまり日の目をみないという、本末転倒なことが起きている。
 大手メディアの質の低下は言うまでもない。とくにテレビの質はあり得ないほどに低俗に堕していて、すでにその存在価値はないと断じていいのではないか。とくに昼間のバラエティー報道番組などは好例であり、もはやいうべき言葉もない。先に来日したサウディアラビアの国王の件でも、その金満ぶりにばかり目が行き、愚の骨頂のような報道(と言って良いのかわからないが)が蔓延していた。私もテレビの報道の人間は何人も知っているが、個人では高い意思を持った人もいるのだが、組織になるとお笑い番組のようになってしまう。表層だけ伝えて、中身がない。報道対象のことを何も知らないのに、知ったかぶる。そんなことばかりだ。私も以前中東問題やイスラーム関係で意見を言ったことが何度もあるが、その意見を報道に生かさせることは出来なかった。彼ら曰く、私は専門家ではない、ということらしい。そもそも日本には、中東やイスラームの専門家でまともな人がどれだけいるのか疑問だが、中東世界やイスラームは、科学や難解な数学を解くこととは別次元の問題であり、専門家がいるということ自体が意味不明である。なぜなら、中東世界には私たちと意思疎通の出来る人間が暮らしていて、その人たちの生活や習慣、日々の出来事、歴史や文化などは、専門家というよりは、そこで暮らしている人、関心がありよく調べて現地にも何度も行っている人に聞いた方が良い。また、日本にも敬虔なムスリムは多くいるので、その人たちに聞いた方が、自称ムスリムの専門家に聞くよりも、より血の通った意見や分析が聞ける。
 専門家でもしっかりとした認識を持った人は、しっかりとメディア批判を行っているが、現在の大手メディアの報道は、くだらなくて下劣なだけでは済まされないレベルにまで達していると考えている。まず、誤った認識が広まってしまい、ますます日本人一般の中東イスラーム世界に対する偏見に繋がり、結果無思慮な差別などにも結びつく。また、日常でイスラームに関することや、現地の人たちと接することがほとんどないこの国では、大手メディア信仰が強く、たとえば以前私が地方で行った講演では、私のいうことにいちいち文句を言う出席者がいた。私がいかに説明しても、また写真を見せても、「でもNHKではこう言ってましたよ」とか「新聞ではこう報道していた」とかの話になる。こうなってくると、その人個人のリテラシーの問題でもあるのだが、そんなことは言えないので、手に負えないのである。
 私は、中東イスラーム世界に関心を持つようになってから、すでに30年以上経つが、その間ずっと日本だけではなく、欧米や中東のメディア報道にも目を通している。全てではないが、日々そういうものをリサーチして、かなり見聞している。また、何十回も現地に行き、自分の目で見て、足で歩いて、人々と話してきた。そういう経験は大切なものであり、特に近年は中東世界が混乱してきていることもあって、自分なりにも諸々考察することが多い。
 そして一番大切なことのひとつは、私はそういうことを自分の人生と重ね合わせながら行ってきたし、これからもそうであるということだ。対してメディアの人間の多くは、サラリーマン的に考え、たとえば中東特派員の数年だけ関わる(それも多くの人間は嫌々やっている)という人間が多い。しかし、大手メディアで紛争地で数年勤めただけで、一躍専門家の仲間入りである。
 そういう連中が存在し、それで彼らが生計を立てられるということは、つまり受け手の国民が愚民だからに他ならない。受け手が少し賢くなるだけで、彼らはいい加減なことを言えなくなるのである。だから、何かを言う、あるいは信じるのであれば、少しは勉強しましょう。意思があれば、今の世の中ではどんな知識も経験も自分のものになるのだから。愚の骨頂のメディアなどに頼る必要はないのだから。
 一昔前までは、中東のことは関係ないとか、イスラームのことはわからないとか言っていれば良かったのかもしれない。しかし今では、そうとも言っていられなくなりつつある。実際、隣は中東から来た人とか、近所にモスク(イスラームの礼拝所)が出来た、などということが、現実問題として起きてきているのだ。
 今回は、中東やイスラームのことで書いてきたが、これはその他の地域やさまざまなトピックでもいえることだ。とにかく、多様な世界が交錯している現代、常に意識を外に開き、勉強し、柔軟な気持ちで日々過ごして欲しいと思う。








[PR]
by shmurat | 2017-03-22 17:40 | 今の世界を考える | Comments(0)